Requires a javascript capable browser.
上尾店     
0120-680-168 ガイソーについて ガイソーのこだわり 店舗を探す リフォームメニュー メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品 お客様の声 お問い合わせ ボランタリーチェーン加盟店募集
上尾店スタッフブログ
シーリング打ち替え工事 上尾市
2022年11月17日

みなさんこんにちは‼ガイソー上尾店です。

今日は、上尾市で外装のリフォームを行いました。
その中から今回は、シーリングの打ち替えについてお伝えしていきます。


まず、シーリングとは外壁の目地に入れる材料でコーキングとも呼ばれています。
塗装の現場では主に変性シリコン系が使用され、水の侵入を防ぎ建物の揺れなどから外壁材を守る役目を担っています。劣化するとひび割れや肉やせ、剥離といった症状が現れます。



こちらのお宅でも若干のひび割れや肉やせが見受けられます。

これらの劣化を放置すると雨漏りしやすくなったり、建物の揺れなどの衝撃を緩衝しきれずに外壁材がひび割れたりする恐れがあります。日ごろから注視して少しでも気になったらリフォーム業者に見てもらったほうがよいでしょう。



シーリングの打ち替えでは、まず既存のシーリングの撤去を行います。この際、目地部分に養生をして周辺の外壁材を保護します。


撤去したら空いた目地にプライマーを塗布していきます。
プライマーを塗ることでシーリング材がしっかりと密着するようになります。



下準備を終えたらいよいよシーリングを打ち込んでいきます。
この時、養生にかかるくらいにたっぷりと充填していきます。打ち込む量が少ないと劣化が早まったり、そもそも想定していたシーリングの役目を果たせなくなってしまいます。乾燥すれば体積が縮小して、目地の内側に少し引っ込むようになります。


施工後
これでシーリングの打ち替えは完了です‼
今は黒色で目立ってしまいますが、この後外壁塗装を行うことで違和感なくきれいに仕上がります。
塗装の様子やアフターが気になる方は施工事例をご覧ください。




シーリングの工事では打ち替えの他に増し打ちという方法もあります。これは既存のシーリングの上から新しいシーリングを打ち込んでいくもので、サッシ廻りや入隅など下手に触ると建物を傷つけてしまう恐れがある場合に有効な方法です。しかし、通常の目地に増し打ちを行っても隠れた古いシーリングの劣化が進み、新しいシーリングもろとも全部剥がれてしまうこともあります。
ガイソー上尾店ではこういった通常の目地には打ち替え、サッシ廻り等には増し打ちとしっかり分けて見積もりをお出ししています。シーリングの劣化が気になった方は是非一度、ガイソー上尾店へご相談ください。

いかがでしたでしょうか?
ではまた次回もお楽しみ下さい。

 

 

 

実際に見てほしい!見積もりが欲しい!

⇒【お見積もりの依頼はこちら!】

 

 

 

少し聞きたいことがあるんだけど…

⇒【メールでのご相談はこちら!】

 

 

 

外壁塗装っていくらくらいかかるの?

⇒【施工事例はこちら!】

 

 

______________________________________

外壁塗装・屋根塗装 リフォーム専門店

ガイソー上尾店

 

 

〒362-0062 埼玉県上尾市泉台3丁目11-17

 

営業時間 9:00~18:00

 

フリーダイヤル 0120-680-168



ガイソー上尾店は一般社団法人木造リフォーム協会に加盟しています!

⇒ 国に認められた団体って?

______________________________________

 

来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!
a href="tel:0120680168″ onclick="ga(‘send','event','click','tel-tap', ‘ラベル');">0120-680-168